ふぉとなびTOPページへ
MENU
 Top Page

 特集ページ
・木村伊兵衛賞の30年
・土門拳賞の歴史
・写真展情報

 写真家別ページ

・アンドレ・ケルテス
  Andre Kertesz

・アンリ・カルティエ=ブレッソン
  Henri Cartier-Bresson

・ウィリアム・クライン
  William Klein

・ウォーカー・エバンス
  Walker Evans

・エリオット・アーウィット
  Elliott Erwitt

・ジェームズ・ナクトウェイ
  James Nachtwey
・スティーブ・マッカリー
  Steve McCurry
・セバスチャン・サルガド
  Sebastiao Salgado
・ブラッサイ
  Brassai

・マイケル・ケンナ
  Michael Kenna

・ロバート・キャパ
  Robert Capa

・ロバート・フランク
  Robert Frank

・高梨豊
・東松照明

・過去の記事(Back Number)

ご注文方法について

リンクページ

 ふぉとなびが選ぶ    Robert Frank (ロバート・フランク)   写真集ランキング
 1位           The Americans                   おすすめ度
 1924年、スイスのチューリヒ生まれ。1947年、23歳のときにアメリカに移民、その頃から雑誌の商品写真を撮影し始め、 1951年には「ライフ」誌の若手写真家コンテストで入賞、1953年以降はフリーのフォトジャーナリストとして「ライフ」、「フォーチュン」、「ニューヨークタイム」、「U.S. カメラ」などで写真が掲載されました。

 1949年から53年にかけてフランス、スペイン、スイス、イギリスなどを頻繁に訪れ、イギリス社会や炭坑をテーマにしたフォトエッセイも発表しています。
 その後、1955年から56年にかけてアメリカ各地を旅行し市民の生活を撮影。それが写真史にその名を残すこととなった写真集「The Americansアメリカ人)」として1958年フランスで、翌年アメリカで出版されました(1998年に再出版もされました )。 当時、高度経済成長を突き進んでいたアメリカ国内では、誰も語ろうとしなかったアメリカの暗部をリアルに描写し、反アメリカ的と批判も受けましたが、その後は多くの写真家に影響を与え、現在ではウィリアム・クラインの「ニューヨーク」とともに現代アメリカ写真のルーツと呼ばれ、伝説的な写真集となっています。

 「アメリカ人」発表後は写真から遠ざかって映画を製作しますが、映画製作と平行して写真撮影も行い、カタログやファッションを中心に活動しました。

 1990年にワシントンのナショナル・ギャラリー・オブ・アートに全てのネガを寄贈、1994年にはそのワシントンのナショナル・ギャラリーを皮切りに彼の回顧展「Moving Out」で世界を巡回しました(日本では横浜美術館に巡回、本人も来日)。第3位の「Moving Out」はその展覧会カタログとして製作されました。

 もちろん、ふぉとなびお勧めは、ランキングでも第1位とさせて頂いた「The Americansアメリカ人)」です。写真評論書や写真学校の授業でも必ず取り上げられるこの写真集を、ぜひ一度ご覧になられることをお勧めします。

 <-その他のレビューや価格は、画像かタイトルをクリックしてください。

2位
London/Wales


3位
Moving Out


4位
Robert Frank
(du)


5位
Storylines


6位
Frank Films


Amazon.co.jp検索
お探しの写真集が、ふぉとなびで見つからないときは、
こちらで検索してください。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

Top Page
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー