ふぉとなびTOPページへ
MENU
 Top Page

 特集ページ
・木村伊兵衛賞の30年
・土門拳賞の歴史
・写真展情報

 写真家別ページ

・アンドレ・ケルテス
  Andre Kertesz

・アンリ・カルティエ=ブレッソン
  Henri Cartier-Bresson

・ウィリアム・クライン
  William Klein

・ウォーカー・エバンス
  Walker Evans

・エリオット・アーウィット
  Elliott Erwitt

・ジェームズ・ナクトウェイ
  James Nachtwey
・スティーブ・マッカリー
  Steve McCurry
・セバスチャン・サルガド
  Sebastiao Salgado
・ブラッサイ
  Brassai

・マイケル・ケンナ
  Michael Kenna

・ロバート・キャパ
  Robert Capa

・ロバート・フランク
  Robert Frank

・高梨豊
・東松照明

・過去の記事(Back Number)

ご注文方法について

リンクページ      

 ふぉとなびが選ぶ    Robert Capa (ロバート・キャパ)   写真集ランキング
 1位           Robert Capa / Photographs             おすすめ度
 1913年、ハンガリーのブダペスト生まれ。本名アンドレ・フリードマン
 1931年、左翼運動に関わりハンガリーからベルリンに逃避。写真エージェントで働き、コペンハーゲンで演説するトロツキーを撮影した写真が評価されます。
 1933年、ナチス化が進むドイツを離れパリに移住します。1936年頃からロバート・キャパの名前で作品を発表し、スペイン内戦、第二次世界大戦、イスラエル、インドシナなどおよそ20年間で5回の戦争を取材し、「崩れ落ちる兵士」や「ノルマンディー上陸作戦」といった報道写真の傑作を残しました。
 1945年まで「ライフ」誌の特派写真家としてヨーロッパ戦線の重要な場面を記録し、戦後の1947年、著書「ちょっとピンぼけ」を出版。同年にフランス生まれのアンリ・カルティエ=ブレッソン、ポーランド生まれのデイビッド・シーモア、イギリス生まれのジョージ・ロジャーとともに、後に世界的にその名を知られることとなる報道写真家集団「マグナム」を結成します。
 1954年、「ライフ」誌の仕事でインドシナを撮影中、地雷に触れその生涯を閉じたキャパは、フォトジャーナリズムの父と呼ばれ、現在でも彼の功績は人々に知れ渡っています。

 キャパの死後1955年に、「ライフ」と「アメリカ海外記者クラブ」によって、 “義務を超えた勇気と冒険をもって撮られた海外での最高の写真”を 対象とした「ロバート・キャパ賞」が創設され、 以後毎年優れたフォトジャーナリストに贈られています。日本人の沢田教一なども受賞しています。また、2004年5月、没後50年記念展がニューヨークで開催されました。

 キャパは、インパクトのある戦闘シーンばかりではなく、戦争に翻弄される市民の姿をも写し続けました。そのためピカソの「ゲルニカ」などと同様に、当時の社会に戦争の悲惨さ、無意味さを強烈に伝えることになったのです。

 報道写真を語るには必ず見ておかないといけない写真ばかりです。ふぉとなびでは、特に「Robert Capa / Photographs」、「Heart of Spain」をおすすめします。

 <-その他のレビューや価格は画像かタイトルをクリックしてください。

2位
Heart of Spain


3位
Robert Capa


4位
A Russian Journal


5位
戦争・平和・子どもたち
ロバート・キャパ写真集



Amazon.co.jp検索
お探しの写真集が、ふぉとなびで見つからないときは、
こちらで検索してください。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

Top Page
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー