ふぉとなびTOPページへ
MENU
 Top Page

 特集ページ
・木村伊兵衛賞の30年
・土門拳賞の歴史
・写真展情報

 写真家別ページ

・アンドレ・ケルテス
  Andre Kertesz

・アンリ・カルティエ=ブレッソン
  Henri Cartier-Bresson

・ウィリアム・クライン
  William Klein

・ウォーカー・エバンス
  Walker Evans

・エリオット・アーウィット
  Elliott Erwitt

・ジェームズ・ナクトウェイ
  James Nachtwey
・スティーブ・マッカリー
  Steve McCurry
・セバスチャン・サルガド
  Sebastiao Salgado
・ブラッサイ
  Brassai

・マイケル・ケンナ
  Michael Kenna

・ロバート・キャパ
  Robert Capa

・ロバート・フランク
  Robert Frank

・高梨豊
・東松照明

・過去の記事(Back Number)

ご注文方法について

リンクページ

 ふぉとなびが選ぶ ELLIOTT ERWITT(エリオット・アーウィット) 写真集ランキング
 1位          Personal Exposures              おすすめ度
1928年、パリ生まれ。1951年に自らの軍隊経験を撮影した写真が写真雑誌「LIFE」で新人賞を受賞。
1953年にロバート・キャパの推薦により、25歳という異例の若さで報道写真家集団「マグナム」に入会。
1955年、ファミリーオブマン展に出展。1988年に「Personal Exposures」、1992年に「我々は犬である」、1994年に「ふたりのあいだ」、1998年「美術館に行こうよ」、2001年に写真生活50周年記念として集大成写真集「Elliot Erwitt Snaps」を出版。

彼の作品は、バリバリのドキュメンタリーからスナップや広告など幅が広く、左側の「Personal Exposures」の表紙にもなっている、車のバックミラー越しのカップルの写真は非常に有名です。
またもう一つの特徴は、ユーモアにあふれた笑える写真が多いということです。特に「美術館に行こうよ」などは美術館の中での面白おかしい瞬間を撮影した写真集です。「着衣のマハ」の絵の前の女性と、隣に展示されている「裸のマハ」の前に群がる男性を写した写真を見たときは、思わずふき出してしまいました。

おしゃれで楽しい写真、それがアーウィットの写真です。

 <-その他のレビューや価格は画像かタイトルをクリックしてください。

2位
美術館に行こうよ


3位
Dog Dogs


4位
Elliott Erwitt Snaps


5位
ふたりのあいだ



Amazon.co.jp検索
お探しの写真集が、ふぉとなびで見つからないときは、
こちらで検索してください。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

Top Page
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー