ふぉとなびTOPページへ
MENU
 Top Page

 特集ページ
・木村伊兵衛賞の30年
・土門拳賞の歴史
・写真展情報

 写真家別ページ

・アンドレ・ケルテス
  Andre Kertesz

・アンリ・カルティエ=ブレッソン
  Henri Cartier-Bresson

・ウィリアム・クライン
  William Klein

・ウォーカー・エバンス
  Walker Evans

・エリオット・アーウィット
  Elliott Erwitt

・ジェームズ・ナクトウェイ
  James Nachtwey
・スティーブ・マッカリー
  Steve McCurry
・セバスチャン・サルガド
  Sebastiao Salgado
・ブラッサイ
  Brassai

・マイケル・ケンナ
  Michael Kenna

・ロバート・キャパ
  Robert Capa

・ロバート・フランク
  Robert Frank

・高梨豊
・東松照明

・過去の記事(Back Number)

ご注文方法について

リンクページ

 ふぉとなびが選ぶ     Brassai (ブラッサイ)     写真集ランキング
 1位           Paris by Night             おすすめ度
 ブラッサイ(Brassai) 本名ジュラ・ハラース
 1899年ハンガリー(現在のルーマニア)のブラッソー生まれ。

 若い頃は画家を目指してハンガリーとドイツで絵画を学んでいましたが、1924年にジャーナリストとしてパリへ移り住みます。記者として記事を書いて生活しながら、あのアンドレ・ケルテスから手ほどきを受けてて写真を始めます。そしてこの頃から、「ブラッソーの人」という意味のブラッサイと名乗り始めます。

 そして、彼の代表作となる1932年に発表された写真集「夜のパリParis by Night)」は、1930年代初頭の幻想的で怪しげな夜のパリを撮影したものです。宝石の女と呼ばれる娼婦やカフェの恋人たちなど、パリの人々を活き活きと映し出したこの作品はピカソの目に留まり、絶賛を浴びることとなります。

 第3位の「The Secret Paris of the '30s」は、夜のパリよりさらに裏側に入り込み、官能的なパリを写しています。そのため、amazon.co.jpではアダルト扱いになっています。18才未満は購入できませんので、お気をつけください。

 また、第4位の「Graffiti」は、いたるところにある落書きを撮影した写真でまとめられています。落書きを時代を映し出す鏡として捉え、その風化具合を表現するために同じ落書きを数年にわたって撮影するなど、ブラッサイの写真家人生を通して撮影された、まさにライフワークだったテーマです。

 かのアンリ・カルティエ=ブレッソンは、「ブラッサイから大きな影響を受けた」と生前に語っています。異邦人という視点からパリを見続けた写真家、ブラッサイ。その神秘的で官能的な写真を、お楽しみください。

 <-その他のレビューや価格は画像かタイトルをクリックしてください。

2位
The Monograph


3位
The Secret Paris of the '30s



18歳未満の方は
購入できません
4位
The Eye of Paris


5位
Graffiti


An Illustrated Biography
Amazon.co.jp検索
お探しの写真集が、ふぉとなびで見つからないときは、
こちらで検索してください。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

Top Page
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー